シミを隠す方法って?

美白で一番、手っ取り早い方法は、シミを目立たないように隠してしまうこと。シミの程度にもよりますが、お出掛け前にもササッとできる方法ですよね。

 

 

ファンデーションで隠す

 

薄めのシミであれば、ファンデーションだけで、ある程度目立たなくすることが可能です。ファンデーションの選び方としては、クリームタイプのファンデーションが、肌への密着も良く、シミを隠すという点でにおいては、一番お勧めのタイプかと思います。

 

ファンデーションだけではうまく隠せないシミには、ファンデーションの上にコンシーラーも使うと良いでしょう。この方法を実践している方も多いようです。各シミの色に合わせて、使用するコンシーラーも変えてみるのもお勧めの方法。基本的には、お肌の色と、シミの色の中間あたりの色を選ぶのがいいようです。ただし、シミの色が非常に濃い場合は、コンシーラーと重ね塗りをしても、シミがまだ目立ってしまうのが、悩めるところです。

 

仕上げは、最後にフェイスパウダーを使用しましょうね。

 

 

BBクリームで隠す

 

BBクリームはご存知の方が多いかとは思いますが、お肌の炎症を抑え、外部の刺激からもお肌を守ってくれるクリームです。BBクリームは、ファンデーション、コンシーラ、日焼け止めなど機能がひとつになった万能タイプのオールインワン化粧品です。

 

お顔全体にBBクリームを塗り、シミの気になる箇所には、BBクリームを重ね塗りする、といった方法でシミをより隠すことも可能です。BBクリームの仕上がり感が好みでない方は、パウダーファンデーションとの併用で、よりナチュラルな感じになるかもしれません。

 

また、CCクリームとの併用という方法もあります。CCクリームは、BBクリーム同様に、下地メイクとして使えます。ただし、ファンデーション的役割はなく、コントロールカラーの役割があります。仕上がりもBBクリームと比べて、よりナチュラルです。CCクリームの上のBBクリームを塗ると、BBクリームだけを塗ったときとは、また違う仕上がりになりますので、試す価値はあると思います。

 

 

 

シミを隠す関連ページ

シミを予防する
「シミを予防する方法」ことができる成分。いったいどのような成分があるのかを一緒にみていきましょう。
シミを消す・薄くする
「シミを消す・薄くする」ことができる成分。そのような夢のような成分なんて本当にあるのでしょうか?